ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報
  3. 骨粗鬆症
  4. 日常生活で気をつけたいこと
ここからメインコンテンツ

骨折で寝たきりにならないために ~家族みんなで取り組む骨粗鬆症の予防と治療~ 監修:成人病診療研究所 所長 白木正孝先生 骨ケアフェスタ2010はこちら

骨粗鬆症って、どんな病気?
日常生活で気をつけたいこと
骨の検査と、骨のお薬について
骨粗鬆症の予防は生活習慣の改善から。
骨粗鬆症の原因には、年齢や性別、遺伝的な体質など、変えることのできない要素があります。
一方で、食生活や運動などの生活習慣を変えることで改善できる要素もあります。
若い頃に食事と運動で可能な限り骨量を増やしましょう。50歳前後からは骨量の維持が重要です。骨量の減少を抑えて骨折を予防しましょう。
骨が成長し、骨の代謝がバランスよく保たれている若い世代。 閉経以降、骨量が急激に減少する50歳前後の世代。既に骨粗鬆症の範囲まで骨量が下がってしまった世代。
それぞれの世代にあった観点で、家族みんなで骨粗鬆症の予防に取り組みましょう。
食生活のポイント!~乳製品や小魚・納豆をうまく取り入れる~
骨粗鬆症の予防に特に重要なのはカルシウムの摂取ですが、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、骨が作られるのを助けるビタミンK、 さらに、タンパク質、ミネラルなどさまざまな栄養素を摂取することも大切です。
カルシウムの多い商品 牛乳、スキムミルク、チーズ、ヨーグルト、干し海老、ワカサギ、シシャモ、豆腐など。ビタミンDの多い食品 きくらげ、サケ、サンマなど。ビタミンKの多い商品 納豆、緑色の野菜、わかめなど。
カルシウムの摂取には乳製品や小魚などを食卓にうまく取り入れるように工夫をしたり、市販のサプリメントなどを利用すると良いでしょう。
ビタミンK2※が豊富に含まれている納豆も、骨粗鬆症の予防に取り入れたい食品です。
また、ダイエットなどでやせすぎたり、体重が軽い人は骨が弱い傾向にあります。骨粗鬆症の予防には、標準的な体重を保つことも重要です。
※ビタミンKには、緑色の野菜などに含まれるビタミンK1と、納豆などに含まれるビタミンK2があります。
※血を固まりにくくする薬を服用中の方は、ビタミンKを摂りすぎると薬が効きにくくなりますので、かかりつけの医師に相談してください。
ちょい足しちょいアレンジがポイント 作って食べよう骨を元気にするレシピ
  • 春夏編 レシピを見る
タバコやお酒もひかえましょう!~思い切って禁煙~
喫煙は、胃腸のはたらきを抑え、カルシウムの吸収を妨げます。特に女性の喫煙は女性ホルモンの分泌を減少させるので、やめるのが望ましいでしょう。
お酒には利尿作用があるため、飲みすぎると必要なカルシウムまで排泄されてしまいます。そのうえ、腸からのカルシウムの吸収も妨げてしまいます。
適度な運動を習慣に!~日光を浴びてウォーキング~
日光の下でウォーキングなどの運動を毎日続けましょう。骨に適度な圧力が加わり、骨が強くなります。 また、運動を続けると血液の流れが良くなるので、骨を作る細胞のはたらきが活発になります。 筋肉もきたえられ、身のこなしが良くなると、転びにくくなり、骨折の防止にもつながります。 ただし、自分に合った運動を心がけ、無理をしないようにしましょう。
日光の下でウォーキングなどの運動を毎日続けましょう。
適度に日光に当たるようにすると、骨の吸収を良くするビタミンDが活性化され、強い骨を作るのに役立ちます。
適度に日光に当たるようにすると、骨の吸収を良くするビタミンDが活性化され、強い骨を作るのに役立ちます。
転倒による骨折を防ぐ!~家の中を整理整頓~

ちょっとした転倒が、骨折につながることがあります。意外と多いのは、慣れていると思っている家の中での転倒です。 年齢とともに歩くときに足が上がらなくなり、ちょっとした段差や、じゅうたんのへりにつまづいて転んでしまうことがあります。

まずは家の中を整理整頓しましょう。その他、服用中の薬が原因でふらついてしまうことや、歩きにくい服装も転倒の原因として考えられます。

ちょっとした転倒が、骨折につながることがあります。意外と多いのは、慣れていると思っている家の中での転倒です。
まずは家の中を整理整頓しましょう。
転倒の原因と対策
原因:向精神薬などを服用している→対策:医師に相談する
原因:転倒経験がある、筋力が低下している→対策:筋力トレーニングを行う、バランス訓練を行う、転倒予防教室に参加する
原因:転びやすい服装をしている→対策:サンダルや丈の長いスカートなどを避ける
原因:居室に物が多すぎる→対策:整理整頓する
骨粗鬆症って、どんな病気?
あなたの骨折の危険度は?今すぐCheck!
骨の検査と、骨のお薬について