ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [メタボリックシンドローム]メタボリックシンドロームとは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは

[どんな病気?]

内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。将来、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、糖尿病を発症する危険性が高いため、健康診断などで発見してできるだけ早く治療を開始する必要があります。

[病気の原因]

脂肪分の多い食事と運動不足などの悪習慣が続くことが原因と考えられます。

[主な症状]

特別な症状は出ませんが、内臓脂肪の蓄積によって腹囲が拡大します。

[検査や治療について]

現在の診断基準は、内臓脂肪面積が100cm2以上(胴まわりが男性では85cm以上、女性では90cm以上に相当)に加え、中性脂肪が150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満、最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上、空腹時血糖値110mg/dL以上のうちの2つ以上の項目に当てはまる場合をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と診断しています。
動脈硬化が進んでいると判断された場合は、運動負荷試験、冠動脈(かんどうみゃく)や頸動脈(けいどうみゃく)など主な血管の状態を調べるエコー(超音波)検査、脳の血管を調べるMRI(核磁気共鳴断層撮影:かくじききょうめいだんそうさつえい)検査などが追加されます。
治療は、生活習慣の改善(食事療法と運動療法)を基本として、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病など個々の状態に合わせ、必要があれば薬による治療を同時に行います。

[予防法]

過度の体重を減らすことが極めて重要です。適度な運動、バランスのよい食事、飲酒や喫煙習慣の改善を行いましょう。

[受診に適した診療科]

循環器内科、糖尿病・内分泌内科、内科、神経内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。