ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [肥満症]肥満症とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
肥満症 ひまんしょう

肥満症とは

[どんな病気?]

単に「肥満」といった場合には、身長に比べて体重が多い状態を指しますが、「肥満症」といった場合には、治療を必要とするれっきとした病気です。現在問題になっているのは、内臓のまわりに脂肪が蓄積する「内臓脂肪型肥満」で、この型の肥満は高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの生活習慣病と密接に関係しています。内臓脂肪型肥満は「リンゴ型肥満」「隠れ肥満」などともいわれています。

[病気の原因]

大多数が、食べすぎと運動不足が原因です。遺伝的な要素も関係しています。

[主な症状]

肥満症自体に症状はありません。高血圧や脂質異常症、糖尿病を同時に発症していることも多いのですが、これらの病気もほとんど自覚症状がありません。ただし、放置しておくと血管が硬くなる動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞を発症する危険性が高まります。糖尿病の合併症である腎症(じんしょう)や網膜症(もうまくしょう)、神経障害などの症状も現れます。
また、睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)、変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)、腰痛症、月経異常、胆石症、脂肪肝、肝硬変、がんなどのさまざまな病気も合併して起こります。

[検査や治療について]

肥満かどうかはBMI(体重kg/[身長m]2)という指標を使って判定します。BMIが25以上であれば肥満です。さらに、腹部のCT(コンピュータ断層撮影)で内臓脂肪の面積が100cm2以上(胴まわりが男性で85cm以上、女性で90cm以上)であれば内臓脂肪型肥満です。これに加えて、血圧、血糖、血清脂質(コレステロールや中性脂肪)のうちの2つ以上が危険な数値であれば、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と診断され、治療の対象となります。
治療は食事療法と運動療法が基本です。血圧や血糖値、血清脂質の管理を行い、体重を減らすことが重要です。BMIが27を超えて高血圧などを合併している場合は、薬による治療が行われることもあります。また、合併する病気の治療も行われます。

[予防法]

ほかの生活習慣病と同様に、規則正しくバランスのとれた食生活や適度な運動、禁煙、節酒・禁酒などを心がけ、体重を減らすようにしましょう。

[受診に適した診療科]

内科、循環器科、糖尿病・内分泌内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。