ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [不整脈]不整脈とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
不整脈 ふせいみゃく

不整脈とは

[どんな病気?]

不整脈とは、心臓の鼓動のリズムが乱れる状態のことです。脈が速くなる頻脈性不整脈(ひんみゃくせいふせいみゃく)と、脈が少なくなったり途切れたりする徐脈性不整脈(じょみゃくせいふせいみゃく)の2つのタイプに分類されます。高齢者や高血圧、糖尿病、心臓肥大などの病気を持つ人が頻脈性不整脈を起こすと、心臓の中に血栓(血のかたまり)ができやすくなり、できた血栓が流されて脳に到達し、脳梗塞を起こすことがあります。

[病気の原因]

不整脈の主な原因は、冠動脈(かんどうみゃく:心臓のまわりの血管)の病気、心臓弁膜症、心不全などです。高齢になると心臓を動かすための信号が規則正しく伝わらなくなり、不整脈が起こりやすくなります。運動、精神的ストレス、飲酒、喫煙、かぜや花粉症などの治療薬、甲状腺ホルモンが多く分泌される甲状腺機能亢進症では、心拍数が増えて頻脈性不整脈が起こります。空腹、疲労、下痢、嘔吐、嚥下障害、甲状腺ホルモンの分泌が少なくなる甲状腺機能低下症では、心拍数が減って徐脈性不整脈が起こります。原因が特定できないこともありますし、頻脈性不整脈のうち心臓が収縮するタイミングが早すぎて起こる「期外収縮(きがいしゅうしゅく)」は健康な人にもよくみられます。

[主な症状]

頻脈性不整脈の症状は動悸(どうき)や胸の痛みです。徐脈性不整脈の症状は、ふらつき、失神です。

[検査や治療について]

不整脈がどのように起きているのか、心臓の状態を心電図検査で調べます。心電図検査は、心臓が拍動(はくどう)するときに生じる電気信号を波形(はけい)で描き出し心臓の状態を把握します。ただし、不整脈はいつ起こるかわかりませんから、携帯型の心電計(ホルター心電計)を1日中つけて心臓の拍動の状態を記録します。不整脈があることがわかった場合は、運動しながら心電図検査と血圧測定を行う運動負荷試験と、静脈から電極のついたカテーテルを心臓まで入れて電気刺激を与えて反応をみる電気生理学的検査を行います。
不整脈の原因となる心臓の病気の治療を行います。不整脈そのものをなくすためには、薬やカテーテルを使った治療、人工ペースメーカーを埋め込むなどの方法があります。脳梗塞を起こさないために血栓ができにくくする薬を使うこともあります。

[予防法]

不整脈の原因となる心臓の病気にかからないように、過食、運動不足、過度の飲酒、喫煙などの生活習慣を改善します。

[受診に適した診療科]

循環器内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。