ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [肺塞栓症]肺塞栓症とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
肺塞栓症 はいそくせんしょう

肺塞栓症とは

[どんな病気?]

血栓(血のかたまり)が肺の細い動脈につまって突然起こる病気です。飛行機に長時間座り続けたときなどに足の静脈に血栓ができ、それが肺に移動して起こるため「エコノミークラス症候群(ロングフライト症候群)」とも呼ばれています。

[病気の原因]

ほとんどが、足の静脈に血栓ができる深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)が原因です。足の静脈にできた血栓が血管の壁からはがれ、血液に乗って流れて肺の細い動脈をふさぐことが原因で起こります。深部静脈血栓症は、骨盤や大腿骨(太ももの骨)の骨折、整形外科の手術などで血管の内側の壁が傷つくことが原因で起こります。また、長時間同じ姿勢で座っていたり、寝たきりで血液の流れが悪くなることでも起こります。肺塞栓症は、血栓だけでなく、脂肪やがん細胞、傷から血管に入り込んだ空気などで血管がふさがって起こることもあります。

[主な症状]

胸の痛みや息が苦しい、痰に血が混じるなどの症状がみられます。塞栓(血管をふさいでいる血栓)が小さいときは自覚症状がありませんが、塞栓が大きくなると顔面蒼白(そうはく)、冷や汗、脈が速くなるなどのショック症状が現れたり、意識がなくなったりします。手術の後、順調に回復していた人などで、突然死がみられることもあります。

[検査や治療について]

肺塞栓症は突然起こりますので、症状から肺塞栓症が疑われる場合にはすぐに検査を行い、治療を行う必要があります。胸部X線検査、心電図、血液ガス分析(血液に含まれる酸素の量などを調べる検査)などが行われます。また、深部静脈血栓症の検査として、足の静脈エコー(超音波検査)や胸部から足までの全身CT(コンピュータ断層撮影)などが行われます。
治療には、血栓を溶かす薬や血液を固まりにくくする薬を使います。手術で血栓を取り除く場合もあります。

[予防法]

肺塞栓症の予防では、足の静脈に血栓ができないようにすることが一番重要です。特に、大きな手術の後は、肺塞栓症の予防を目的として、血栓を溶かす薬や血管がかたまるのを防ぐ薬などを使って治療を行います。また、足の静脈の血液を心臓に戻す機能を持つ弾性ストッキングを併せて使う場合もあります。

[受診に適した診療科]

呼吸器科、内科、循環器科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。