ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [認知症]認知症とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
認知症 にんちしょう

認知症とは

[どんな病気?]

認知症とは、脳やからだの病気などが原因で脳が病的に侵され、もの忘れ(記憶障害)や判断力の低下などが起こる病気です。認知症の多くはアルツハイマー型認知症か脳血管性認知症(のうけっかんせいにんちしょう)かのどちらかです。

[病気の原因]

脳血管性認知症は、脳の血管がつまる脳梗塞や、脳の血管が破れる脳出血、何らかの原因で脳全体の血液の流れが低下している場合など、さまざまな原因で発症します。一方、アルツハイマー型認知症は、原因ははっきりとはわかっていませんが、急激に脳の神経細胞が減り、脳が縮んで小さくなります。そのほかの認知症の原因としては、脳腫瘍や脳炎、薬物中毒などがあります。

[主な症状]

認知症の症状には、もの忘れなどの記憶障害や判断力の低下、見当識障害(けんとうしきしょうがい)いまがいつなのか、どこにいるのかがわからなくなる状態)などの認知症で必ずみられる中心症状と、妄想や幻覚、不安、徘徊などの必ずしもみられるとは限らない周辺症状があります。
人は歳をとると誰でももの忘れをしますが、老化によるもの忘れは体験の一部を忘れるだけなのに対して、認知症によるもの忘れでは体験の全部を忘れるなど、大きな違いがあります。また、老化によるもの忘れは日常生活に支障がなく、ゆっくり進むのに対して、認知症のもの忘れは日常生活に支障を来し、比較的速く進みます。

[検査や治療について]

認知症の検査では、まず問診(もんしん)やテストで認知症の有無を確かめ、それから神経や血液、脳の検査などによって原因を調べます。認知症と診断されても、進んでしまった記憶障害や判断力の低下を元に戻す治療法はない場合が多いのが現状です。治療は、残っているからだや精神の機能をできるだけ維持することを目的に介護やケア、心理療法などによって行われます。
ただし、アルツハイマー型認知症では、進行を遅らせる薬が使われることもあります。また、周辺症状の中には、薬で治療することができるものもあります。そのほか、正常圧水頭症など一部の病気が原因で認知症が起きている場合は治療できることがあります。

[予防法]

アルツハイマー型認知症にはいまのところ科学的に証明された有効な予防法はありませんが、脳血管性認知症では予防が重要になります。脳梗塞や脳出血の引き金となる、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、心臓の病気、肥満などを防ぐために食生活や運動などの生活習慣に気をつけ、タバコやお酒、ストレスなどを減らすようにしましょう。

[受診に適した診療科]

神経内科、精神科、内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。