ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [更年期障害]更年期障害とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
更年期障害 こうねんきしょうがい

更年期障害とは

[どんな病気?]

「更年期」とは、平均的には40代後半~50代後半に訪れますが、個人差が大きいものです。この時期に、ホルモンの分泌が変化し、やがて閉経を迎えることになりますが、その影響で身体的・精神的に、違和感や不調を感じる場合があります。そうした不定愁訴や、精神的な症状を、総称して「更年期障害」と呼びます。
女性特有の病気と長らく考えられてきましたが、ホルモンのアンバランスは男性にも生じるため、現在は男性にも更年期障害があることがわかっています。

[病気の原因]

更年期には、月経を調節するホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの分泌がアンバランスになり、自律神経の失調をまねきます。また、更年期の女性は、子どもが自立したり、夫や親族との関係が変化したりと、人生の転換期を迎えることも多く、精神的なストレスを体験する頃でもあります。ホルモンバランスと、生活の変化など、複合的な要因でさまざまな症状が出ると考えられています。

[主な症状]

「ホットフラッシュ」と呼ばれる「のぼせ」や「ほてり」、冷え、発汗、動悸、めまい、頭痛、不眠、耳鳴り、気分の落ち込み、イライラ感、不安感などの精神症状、肩こり、腰痛、体のだるさ、食欲不振、吐き気やおう吐、下痢などの胃腸症状、皮膚のかゆみ、しびれなど、人によって症状はさまざまです。程度も、ひじょうに重い症状が長く続く人もいれば、日常生活の中でいつの間にか乗り切る人もいます。ここにあげた以外の症状をもつ方もいます。1つ症状が治まったかと思うと、また違った症状が出ることもあります。

[検査や治療について]

更年期にはさまざまな体・心の不調が訪れますが、すべて更年期のせいにしてしまうのは危険です。気になる症状があれば医療機関を受診し、ほかの病気がないかどうか検査する必要があります。
更年期による症状だとわかれば、不足したホルモンを補う治療や、個々の症状を抑える薬物治療が行われます。たとえば、不安やイライラ、憂うつ感などの精神症状には、抗うつ薬や抗不安剤、ほてりや冷えには、血行をよくするビタミンEなどを補うこともあります。漢方薬が使われることもあります。

[予防法]

更年期障害そのものを予防することはできませんが、個々の症状に対し、対策を立てることは可能です。たとえば、ほてりがひどい人は、ほてりを誘引しやすいアルコールやカフェインを避けるほうがよいでしょう。精神的な症状が強い人は、ヨガやストレッチなど、適度にリラックスできる運動をすると、症状がやわらぐことがあります。
どんな症状をもつ人も、ストレスをためないように、更年期には余裕をもった生活を心がけることが必要です。

[受診に適した診療科]

婦人科、内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。