ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [便秘症]便秘症とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
便秘症 べんぴしょう

便秘症とは

[どんな状態?]

週に2回程度しか便通がなく、ときには1週間以上お通じがないこともあり、お腹の不快感を感じるときに便秘、あるいは便秘症といいます。症状は排便機会の減少だけでなく、残便感や腹痛、腹部膨満感(お腹が張る感じ)、食欲不振などがあります。ただし、排便回数は人により異なりますので、3日に一回でも、不快でなければ便秘とはいいません。

[考えられる原因]

腸や婦人科疾患の手術経験がある方には、まれに腸閉塞(ちょうへいそく:イレウス)に伴う便秘を起こす方がいますが、一般的な便秘は生活習慣がもとになった習慣性のものです。大腸の便が肛門近くまで達し、便意をもよおしているのにそれをガマンするようなことが続くと、体が便意に対して鈍感になってしまい、排便につながらなくなってしまいます。また長く腸内にとどまった便は水分を失っていますので、さらに排便が困難になります。
ほかには腸の平滑筋(へいかつきん)の活動が弱い方も便秘になりやすいとされています。

[こんなときは病院へ]

急性の便秘は前述の腸閉塞をはじめとして、大腸癌など、腸内に何らかの病気が発生している可能性があるので要注意です。とくに発熱や激しい腹痛を伴う場合は、すぐに近くの医療機関(内科、消化器科)を受診してください。

[日常生活での予防法]

何より体に排便のリズムを取り戻すことが大切です。とくに人の体は朝、目覚めた後に腸の運動が活発になりますので、起床時に冷たい水やジュースなどで腸を刺激してあげることで、排便が促される可能性があります。また適度な腹筋を使う運動も効果的です。
どうしても自然な排便が難しい場合は、下剤や便軟化剤を用いるとよいでしょう。
また野菜や穀類など、食物繊維を豊富に含む食材をとること、定期的にトイレに行くことなどを続けることも便秘を防ぐために役立ちます。

[受診に適した診療科]

内科、消化器科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。