ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)]虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症) きょけつせいしんしっかん(しんきんこうそく、きょうしんしょう)

虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)とは

[どんな病気?]

「冠状動脈硬化症(かんじょうどうみゃくこうかしょう)」ともいわれる病気で、心臓を動かすエネルギー(血液)を運ぶ血管である「冠状動脈」が硬くなって内腔が狭くなったり、つまったりしてしまう病気です。これが原因で、心臓を動かす筋肉に血液を十分に送れずになる「狭心症(きょうしんしょう)」やその筋肉の一部が死んでしまう「心筋梗塞(しんきんこうそく)」が起き、胸を締めつけられる痛みや息苦しさを感じることがあります。

[病気の原因]

虚血性心疾患の原因は1つではありません。冠状動脈をはじめとする動脈を硬くし、心筋梗塞や狭心症を起こしやすくする危険因子としては、「高血圧」「高脂血症」「喫煙」「ストレス」「肥満」「糖尿病」「高尿酸血症」などがあげられます。
このうち「高血圧」「高脂血症」「喫煙」は心筋梗塞の三大危険因子と呼ばれるもので、これら危険因子が1つもない場合に比べて、どれか1つあれば2倍以上、2つあれば約5倍、3つともあれば10倍以上も心筋梗塞が発生する率が高いという調査結果があります。

[主な症状]

冠状動脈が硬くなりはじめている段階では、具体的な症状がまったく自覚されないこともあります。比較的早い段階で自覚される症状としては、軽い運動で胸が締めつけられるような感じがしたり、息切れを起こしたりします。
狭心症を発症すると、胸の中央ややや左側、みぞおち、左肩などにおしつぶされるような痛みが数分間発作的に出現します。急に運動をした場合や緊張した場合、ストレスを感じた場合などに発作が起こることが多いといわれています。この発作がくり返し起こったり、間隔がどんどん縮まっていくようだと心筋梗塞を起こしてしまう場合があります。また、何の前触れもなく激しい発作が起こることもありますが、心筋梗塞を発症してしまうと、激しい胸の痛みや強い吐き気など、狭心症の発作よりもずっと強い症状が現れ、持続します。血行障害が広範囲に及んでいる場合には、短時間のうちに病状が変化して死亡してしまうこともあります。

[検査や治療について]

虚血性心疾患の疑いがある場合には、心電図の検査を行います。また負荷を与えた際の心臓の動きをチェックする負荷心電図や24時間心電図、心臓超音波検査、冠動脈造影検査など、さまざまな検査を行って、虚血性心疾患なのか神経性の痛みなのか、あるいは別の病気なのかを診断します。虚血性心疾患と診断された場合には、さまざまな治療が行われます。薬物治療では、冠動脈を広げる薬、動脈内で血液が固まるのを予防する薬、心臓の負担を抑える薬などを予防的に用いたり、狭心症の発作時にはすぐに発作を抑える薬を飲むなど、症状に合わせた薬が投与されます。
実際に血管がせまくなっている場合には、カテーテルという管を足や腕のつけ根から差し込んで、冠動脈内で風船のようにふくらませ、動脈を広げる「カテーテル治療」が行われることもあります。またカテーテル治療が難しい場合には、血管をつなぎなおす冠動脈バイパス手術が行われます。

[予防法]

日常生活では、まず血圧をコントロールすることが大切です。高い血圧は心臓に負担をかけることになるので、「運動不足解消」「減量」「禁煙」など積極的な血圧のコントロールが大切です。食生活ではコレステロールを減らし、高脂血症を予防することが予防につながります。とくに総コレステロール値や悪玉コレステロール値(LDLコレステロール値)を減らすためには、「肉や卵などの動物性脂肪を減らし、植物性脂肪やイワシ、サバなどの青魚、野菜、果物などをたくさんとる」ようにしましょう。
またストレスも心臓への負担になりますから、日頃からゆとりある生活を心がけることも、虚血性心疾患の予防には重要です。

[受診に適した診療科]

内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。