ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [胸やけ]胸やけとは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
胸やけ むねやけ

胸やけとは

[どんな状態?]

「胸がやける」というのは、みぞおちから胸の下あたりが焼けつくような感じで思わず手のひらで胸をこすってしまうような状態で、食事の後に体の内側が熱く焼けるように感じたり、酸っぱいものがこみ上げてくるように感じることもあります。
前かがみの姿勢をとったとき、食べすぎや飲みすぎ、二日酔いなどでも発生する症状なので、短時間で治まることが一般的ですが、場合によっては長期にわたって不快感が継続することもあります。

[考えられる原因]

私たちが食べたものは、口から食道を通り胃へ運ばれ、胃酸によって消化されます。胸やけは、この胃酸が食道へ逆流することによって起こる症状です。通常は胃酸が逆流しないように、食道と胃を結ぶ食道下部括約部(しょくどうかぶかつやくぶ)は閉じていますが、加齢や食生活等の要因でしまりが悪くなると、胃酸は食道へ逆流し、日常的にその状態が継続すると逆流性食道炎という炎症が起こります。

[こんなときは病院へ]

食べすぎや飲みすぎによる短期的な症状であれば、検査や治療を行わなくても自然に症状は治まります。もし数日間にわたって症状が消えない場合には、病院へ行って医師に相談してください。
一般的な診断は、問診と内視鏡によって行われます。もし逆流性食道炎を発症している場合には、胸やけの他にも様々な症状(例えば、胸痛、喉のつかえ、しつこい咳など)がおこりますので、気になる症状は、先生にしっかりと伝えてください。また、内視鏡検査は、(1)胃がんや食道がんなどの悪性疾患でないことを確認する、(2)実際の炎症の程度を確認する、ために行ないます。

[日常生活での予防法]

胸やけを起こさないためには、日常生活では食べすぎや飲みすぎに気をつけておくことが大切です。またたびたび胸やけに悩む場合には、普段から背筋を伸ばし前かがみにならない、お酒・タバコは控える、就寝中はお腹から頭にかけて高くする、ベルトや下着などでしめつけない、重いものなどを持ち上げない、適度な運動をする、などを心がけてください。

[受診に適した診療科]

内科、消化器科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。