ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [しびれ]しびれとは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
しびれ

しびれとは

[どんな状態?]

指先や皮膚に、ピリピリしたり、チクチクするような感じがします。力が入りづらくなったり、皮膚に触れても感覚が鈍いこともあります。

[考えられる原因]

血行が悪くなったり、神経が過敏になっていることが原因と考えられています。また、ストレスが加わることで症状が重くなることもあります。女性の場合、更年期やストレス、ダイエットなどで、ホルモンバランスが乱れると、血液の流れを調節する自律神経も影響を受けるため、血行が悪くなりやすく、それによって手足のしびれが引き起こされます。また、肩こりや腰痛などによって末梢神経(まっしょうしんけい)が圧迫されたり傷ついている場合にも、手足のしびれが起こります。感覚を統合する脳や途中の経路にあたる脊髄(せきずい)の異常でもしびれが起こることがあります。

[こんなときは病院へ]

手足のしびれは、脳の病気や関節リウマチ、首や腰の骨の変形が原因となることもあります。症状が続くときは、検査を受けてください。

[日常生活での予防法]

しびれは血行不良によって引き起こされるケースが多いので、血液の流れをよくしておくことが大切です。ぬるめのお湯にゆっくり入浴したり、ウォーキングなどの運動を続けると効果的です。また、しびれている所をマッサージすると症状がやわらぎます。長時間同じ姿勢をとらないようにして末梢神経を圧迫したり、傷つけたりしないようにすることも予防に効果的です。
血管を丈夫に保つビタミンC、血液の流れを改善するビタミンE、末梢神経の傷を修復するビタミンB12などを摂取することも大切です。食事からとることが難しい場合は、市販のビタミン剤などを利用するとよいでしょう。

[受診に適した診療科]

内科、整形外科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。