ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [尿路結石]尿路結石とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
尿路結石 にょうろけっせき

尿路結石とは

[どんな病気?]

腎臓から尿を排出するまでの一連の道筋「腎杯(じんぱい)、腎盂(じんう)、尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道」をまとめて尿路と呼びます。この尿路のどこかにできた結石が尿路結石です。尿路結石ができて尿の通り道がふさがれると、激しい痛みと時に血尿が見られます。日本では、30~50代の男性に多く、男性の患者数は女性の2~3倍です。

[病気の原因]

できる石は尿の成分が結晶となって固まったものです。結石の成分にはいろいろな種類があります。その中で、最も多いのがシュウ酸カルシウムが主成分となるものです。リン酸カルシウムの結石と両方ができることも多く、これらのカルシウム結石が8割を占めています。そのほか、リン酸マグネシウムアンモニウムや、尿酸、シスチンなどの結石があります。結石をつくる原因としては、尿中へのカルシウムやシュウ酸などの結晶成分の過剰排泄や、結晶化抑制因子(けっしょうかよくせいいんし)の減少などの体質的原因が多くをしめます。その他に尿路の通過障害、薬剤の影響などがあります。

[主な症状]

背中から脇腹にかけての激しい痛み(腎疝痛:じんせんつう)が特徴です。ときに、痛みが下腹部、鼠径部(そけいぶ)にも広がります。冷や汗やおう吐症状が出る場合もあります。

[検査や治療について]

症状が特徴的なので、普通、容易に診断されますが、結石以外(たとえば腫瘍)でも同様の症状が出ることがあります。そこで、X線や超音波などの画像診断で石の位置や大きさを確かめる必要があります。カルシウム結石はX線で観察できますが、X線を通してしまう尿酸結石やシスチン結石の場合はCT検査をおこないます。
尿路結石の多くは、自然排出されます。水分を多くとり、尿管を石が通りやすくなる薬剤を投与し、尿といっしょに石が排出されるのを待ちます。自然排出がうまくいかない場合は、体外から衝撃波(しょうげきは)を結石に当てて砕いて排出する治療を行うことがあります。石のある場所や症状によっては、膀胱から尿管に内視鏡を挿入し石を取り除く治療法もあります。

[予防法]

日常生活では、水分を十分にとることが、まず大切になります。だからといって、アルコールの過剰摂取は逆効果です。日中に、食間に水分補給をするように心がけましょう。一度、尿路結石を患った方は再発しやすいので、医師の指導を受け、食生活の管理を徹底することが必要です。

[受診に適した診療科]

泌尿器科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。