ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [膵炎]膵炎とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
膵炎 すいえん

膵炎とは

[どんな病気?]

膵臓(すいぞう)は、さまざまな消化酵素をつくり出し分泌する臓器です。膵炎(すいえん)は、膵臓がつくり出した消化酵素が何らかの理由で膵臓自身を消化してしまう病気です。一時的な症状で回復に向かうものから、命に関わる重症例まで、程度もさまざまです。急性膵炎を何度もくり返すと、膵臓の機能低下を起こす慢性膵炎に進展することがあります。

[病気の原因]

アルコールや胆石が原因の多くを占めますが、原因がわからない場合も少なくありません。体調の悪いときに多量のアルコールや脂肪を摂取した場合に発症する例が多く見られます。そのほか、手術後に発症することや、薬、高脂血症(脂質異常症)などが引き金になることもあります。

[主な症状]

みぞおちからへその上あたりの激しい痛みが典型的です。背中まで痛みが広がることもあります。吐き気、おう吐、腹部膨満感、食欲不振などを伴うこともあり、これらの症状が徐々に進行する場合もあり、症状の出方は一様ではありません。

[検査や治療について]

症状が、胆石症、胃や十二指腸の疾患に似ているため、これらと区別することが先決です。上腹部の圧痛を確認し、膵臓から分泌されるアミラーゼやリパーゼなどの消化酵素が血中、尿中に漏れているかどうかの検査、また超音波やCTなどの画像診断で膵炎特有の炎症を観察します。
治療にあたっては飲食を禁止し膵臓を安静にします。炎症で失われた水分を点滴により補給し、鎮痛剤、膵臓酵素の働きを抑える薬の投与があります。重症の場合は、合併症の治療も必要になり、しばしば集中治療室での入院となります。外科的処置が行われることもあります。

[予防法]

しっかり治せばもとの生活に戻ってかまいませんが、飲酒や脂肪分の多い食事は控えなければなりません。とくに、お酒が好きな人は、なかなか量をコントロールすることが難しいようです。適度な飲酒量をキープできるよう自己管理を徹底するべきです。

[受診に適した診療科]

内科、消化器科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。