ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [胆嚢炎・胆管炎]胆嚢炎・胆管炎とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
胆嚢炎・胆管炎 たんのうえん・たんかんえん

胆嚢炎・胆管炎とは

[どんな病気?]

肝臓で合成される胆汁(たんじゅう)は、脂肪分を乳化して消化吸収を助ける役割をもっています。その胆汁を蓄えておくのが「胆のう」、胆のうと肝臓、十二指腸をつなぐのが「胆管」です。この胆のうと胆管に炎症を起こすのが胆のう炎と胆管炎で、2つを併発することもしばしばです。

[病気の原因]

細菌感染が主な原因ですが、胆のう炎・胆管炎の患者の9割に、胆石が見られます。胆石で胆管がつまり、その場所に腸内細菌などが感染して発症します。胆石を伴わない場合もあり、手術後や、別の疾病の影響で発病することがあります。

[主な症状]

食後しばらくして、上腹部に痛みを覚え、吐き気、悪寒、発熱があります。痛みは、肩、背中に及ぶこともあります。右上腹部を触ると、強く痛みます。黄疸(おうだん)を生じることもあります。

[検査や治療について]

血液検査で炎症反応を調べます。また、腹部超音波検査で、胆のうの様子を調べ、さらにCTによる検査が行われる場合もあります。治療は、軽いものであれば、点滴で水分と電解質を補い、食事はしないようにします。抗生剤と鎮痛剤の投与も行われます。胆石がある場合には、症状が治まった後日、胆石の摘出手術を行い、強い炎症がある場合は、胆のうの摘出手術を行うこともあります。

[予防法]

脂肪分の高い食事を避けること、食べすぎ、飲みすぎをしないよう、消化器をいたわることが第一です。高齢者の胆のう炎・胆管炎は、重症化することも多いため、症状がひどくなくても、早めに受診しましょう。

[受診に適した診療科]

内科、外科、消化器科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。