ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [気管支炎]気管支炎とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
気管支炎 きかんしえん

気管支炎とは

[どんな病気?]

気管支とは、気管から肺へ左右に枝分かれした部分です。ここがウイルスや細菌によって炎症を起こした状態が気管支炎です。
ここで説明するのは急性気管支炎ですが、喫煙や大気汚染などが原因の慢性気管支炎という病気もあります。

[病気の原因]

「上気道炎」の一症状とも捉えられ、ほとんどはウイルス感染、細菌感染で起こります。下気道の感染炎症で気道粘膜(きどうねんまく)が腫れ、分泌液が増加するため、痰(たん)がでたり、咳(せき)や発熱を認めます。

[主な症状]

初期には乾いた咳、しだいに、痰がからんだ湿った咳が出て、胸が「ゼイゼイ」と鳴ることもあります。風邪と併発する場合が多いため、咳だけでなく、鼻水、のどの痛み、発熱、節々の痛みなども同時に起こります。
熱が下がった後、ウイルスや細菌が体外に出た後も、気管支の炎症は続き、咳が最後まで残ることもあります。長いときには数週間続くこともあります。

[検査や治療について]

肺炎を起こしていないことを確認し、肺炎がなければ、風邪、気管支炎の治療に入ります。
ウイルス感染の場合は、抗生物質が効かないため、解熱剤、消炎鎮痛剤などによる対症療法が中心です。
ただし、インフルエンザを発症し気管支症状が出ている場合には、抗ウイルス薬が投与されるでしょう。
乾いた咳の場合は、咳止め薬が有効ですが、痰を伴いはじめたら、咳によって痰を外に出さないといけないため、咳止め薬は逆効果になることもあります。痰を出しやすくする薬が投与されます。細菌感染の場合は,抗生剤を併用することもあります。

[予防法]

風邪の予防法と同じです。規則正しい生活と、栄養補給、疲労を残さない心がけが大切です。気管支炎は主に冬にかかりやすい病気です。気管支炎を起こしやすい人は、乾燥を避け、湿度を高く保つようにしてください。温かいスチームの出る加湿器の使用も効果的です。なかにはマイコプラズマ感染、レジオネラ感染など、処置が遅れると難治化することもあります。早めに受診し医師の判断をあおぐことが必要です。

[受診に適した診療科]

内科、呼吸器科、耳鼻咽喉科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。