ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [逆流性食道炎]逆流性食道炎とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
逆流性食道炎 ぎゃくりゅうせいしょくどうえん

逆流性食道炎とは

[どんな病気?]

胃から食道へ逆流した胃酸によって、食道粘膜が炎症を起こす病気です。通常、食道の下部には一定の圧力がかかり、胃酸が逆流しないようになっているのですが、さまざまな要因によってこうした逆流が起きてしまうことがあります。
油っぽいものを良く食べる方、過食の方、ストレスの多い方、太っている方、高齢で腰の曲がった方に多い病気だとされています。

[病気の原因]

脂肪の多いものや甘いものばかりを食べていると、胃酸が多く分泌されて、食道への逆流が起こりやすくなります。また、飲酒やタバコなどの生活習慣やストレスの増大も、食道の働きを弱めることから、逆流性食道炎のリスクを高める要因として知られています。

[主な症状]

主な症状には、胸やけ、ノドのイガイガやつまった感じ、ゲップ、胃が重苦しい、おなかが張るなどがあります。これらの症状は一つだけではなく、重複してでる場合もあります。

[検査や治療について]

逆流性食道炎の診断は、まず問診で行なわれ、他の病気の有無や炎症の程度を確認するために、内視鏡検査が必要になることもあります。治療は数日間お薬を飲めば、通常、ほとんどの人の自覚症状はなくなります。しかし、自覚症状がなくなったからといって、食道粘膜の炎症が治ったわけではないので、決められた期間、お薬を飲むことが大切です。

[予防法]

油っぽいものや甘いものを食べ過ぎない、ストレス解消を心がけるといった、日常生活での注意が病気の予防につながります。

[受診に適した診療科]

内科、消化器科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。