ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [シミ・そばかす]シミ・そばかすとは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
シミ・そばかす

シミ・そばかすとは

[どんな病気?]

シミは、色素が沈着して顔や腕などにできる斑点のことです。発生する原因によって肝斑(かんぱん)、炎症後の色素沈着、紫外線によるシミ(日光黒子:にっこうこくし)の3つに分かれます。そばかすは、シミにくらべ斑点が細かく、遺伝的な要素が大きいものです。

[病気の原因]

肝斑は、女性ホルモンのバランスの乱れなどが原因で頬などにできると考えられています。
化粧品のアレルギーによってできるシミを、色素沈着型化粧品皮膚炎(別名顔面黒皮症)と呼びます。
日焼けによって顔や肩などに発生するシミを日光黒子といいます。
どのタイプでも紫外線は悪化因子の1つです。

[主な症状]

シミ・そばかすは、痛みやかゆみはなく、見た目が気になるものです。
肝斑は、左右対称にできるのが大きな特徴です。ホルモンバランスが関わるため、更年期や妊娠中、ピル服用中にできやすくなります。日光黒子は、ある日突然、発生するように感じますが、子どもの頃から浴びていた紫外線の影響が積み重なってできるものです。若いときに頻繁に日焼けをした人は、年を経た後にシミができやすくなります。
子どもの頃のそばかすは、通常、成長するに従って目立たなくなります。紫外線や不適切なスキンケアにより、濃くしてしまう場合もあります。

[検査や治療について]

特別な検査はありません。化粧品アレルギーが考えられる場合は、使用している化粧品を持参して専門医に相談するのがよいでしょう。
肝斑は効果がありませんが、シミ・そばかすともに、レーザー光線治療が有効な場合もあります。必要であれば、メラニン色素の生成と沈着を抑えてくれるビタミンC、皮膚の血行を改善するビタミンEなどを処方されます。

[予防法]

どのタイプでも、紫外線を浴びることによって悪化します。日傘や帽子、日焼け止めクリームなどで紫外線を避けることが大切です。上記のようなビタミンC、Eなどのサプリメントをとるとよいでしょう。

[受診に適した診療科]

皮膚科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。