ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [じんま疹]じんま疹とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
じんま疹 じんましん

じんま疹とは

[どんな病気?]

皮膚に小さなふくらみ(膨疹:ぼうしん)が生じ、いろいろな形、大きさになって広がります。強いかゆみと赤みを伴います。1つの膨疹や紅斑(こうはん)は、数10分から1時間で消え、新たな膨疹や紅斑が発生するという一連の症状があり、数時間から1日で治まることが大部分です。

[病気の原因]

じんま疹が起こるメカニズムは、皮膚のマスト細胞からヒスタミンが出て血管や神経に作用するというものです。ヒスタミンが分泌される原因にはさまざまなものがあります。食べ物や薬剤、細菌やウイルス感染、爪でかく、下着でしめつけるなどの物理的刺激、精神的なストレスのほか、日光の刺激、寒さなどが影響することもあります。

[主な症状]

かゆみを伴って発赤(ほっせき)するふくらみ(膨疹)が、体のあちこちに出現します。さまざまな形を見せ、細長いものは「みみず腫れ」のように見えることもあります。湿疹などと異なり、1つの膨疹は、1時間程度で跡形もなく消えてしまうことが特徴です。膨疹が出て消えることをくり返し、1ヵ月以内に症状が治まれば急性、それ以上続くと慢性とされます。慢性のものは原因を特定することが難しくなります。
重症の場合は、のどの粘膜が腫れ、呼吸困難に陥る場合もあります。

[検査や治療について]

症状から、じんま疹である診断を出すことは容易です。医療機関にかかる場合は、発疹があったときの様子をしっかり伝えてください。検査をしても、じんま疹を起こす原因を特定することは難しいため、薬剤で症状を抑える治療が主です。抗ヒスタミン剤の内服が基本ですが、効果がない場合は、ほかの抗アレルギー薬と組み合わせたり、ステロイド剤を使用することもあります。

[予防法]

どんなときにじんま疹が出たのか、原因物質を自分で探っていくようにします。飲んでいる薬や、食べたものを記録しておくと有効です。心当たりがあれば、その原因物質を避けるようにします。
一般的に、飲酒や疲労、睡眠不足、ストレスなどは、じんま疹を悪化させるので、それらを避けるのが賢明です。

[受診に適した診療科]

皮膚科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。