ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [にきび]にきびとは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
にきび

にきびとは

[どんな病気?]

皮脂のたまった毛包が、ホルモンや細菌の影響で炎症を起こしてできるもので、顔をはじめとする上半身に発生します。
毛穴に皮脂が詰まっている状態から、毛穴が完全にふさがっていないものを黒にきび(黒色面皰:こくしょくめんぽう)、ふさがっているものを白にきび(白色面皰:はくしょくめんぽう)と呼び、赤いいわゆる「にきび」は、これらが細菌感染し炎症を起こしたものです。

[病気の原因]

毛穴の角質が増えて表面がつまった状態のときに、皮脂が毛穴の中にたまることで起こります。思春期ににきびがよくできるのは、ホルモンの作用により皮脂の分泌が盛んになるためです。つまった毛穴が炎症を起こすもとになるのは、痤瘡桿菌(ざそうかんきん)という毛包内に生息する菌です。この菌は誰の毛包にも生息していますが、毛穴が詰まると過剰に増殖し、炎症を起こさせます。

[主な症状]

初期は、黒にきび、もしくは白にきびですが、炎症を起こすと皮膚の表面が丸く赤い丘疹(きゅうしん)となります。より炎症が大きくなると膿のたまった膿疱(のうほう)ができる場合もあります。通常、かゆみはありません。紅色丘疹(こうしょくきゅうしん)や膿疱は、炎症が治まった後も、皮膚の赤みが残りますが、少しずつ色が消えて治癒へと向かいます。
軽症のにきびは、あとが残ることはありませんが、無理につぶしたりすると、悪化させ、あとが残る確率が高くなります。炎症が起きた状態まで進んでしまった場合は、たかが「にきび」とあなどらず、医師の診断や治療を受けるようにしたいものです。

[検査や治療について]

特別な検査はなく、医師が目で見て判断します。抗菌作用のある薬を患部に塗ります。それだけでは効果が現れない場合、毛穴の詰まりを除去する薬を使用することがあります。黒にきび、白にきびの状態のときに、医師が中に詰まった皮脂などの内容物を取り出す治療を行います。
重度の場合には、抗菌内服薬の投与、また患部を切開し膿を出すこともあります。

[予防法]

清潔に保つことが第一です。朝と夜の洗顔をしっかり行い、特に化粧をした日には、きれいに落とすことを心がけてください。にきびができてしまっているときは、洗顔の際に強くこすったりしないよう、気をつけましょう。髪が顔に当たりやすい場合は、その刺激でにきびが発生しやすいので、髪が顔に当たらないようにすることも大切です。ストレスや睡眠不足は、皮膚のバランスを崩しますから、規則正しい生活を心がけることが予防につながります。

[受診に適した診療科]

皮膚科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。