ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [乗り物酔い]乗り物酔いとは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
乗り物酔い のりものよい

乗り物酔いとは

[どんな病気?]

乗り物酔いは、病気ではありませんが、楽しい旅行が台なしになるなど、乗り物酔いに困っている人は多数いることでしょう。
乗り物酔いは、体の平衡感覚をつかさどる内耳(ないじ)の情報が、乗り物の揺れによって混乱することから生じます。船や飛行機、車のほか、大画面で見る映画やゲームの映像で、酔った感覚に陥ることもあります。

[病気の原因]

脳は、視覚の情報、筋肉や内耳からの情報を総合して位置を把握しますが、この情報が矛盾してしまうため、バランスを崩した状態になります。これが乗り物酔いです。車のガソリンのにおいや、酔うかもしれないという不安から状態が悪化することもあります。

[主な症状]

乗り物に乗っているときに、吐き気やおう吐、めまい、頭痛、生つばや冷や汗が出るなどの症状が現れます。通常は、乗り物を降りれば短時間で回復します。

[検査や治療について]

病気ではないため、特に検査はありません。しかし、乗り物酔いを防ぎ、また症状を緩和する薬もありますから、乗り物に酔いやすい方は、医師・薬剤師に相談するとよいでしょう。
酔ってしまった場合には、可能ならば、乗り物から一度降りるのが一番の治療です。それができない場合は、窓を開けて風にあたる、体をしめつける衣服などをゆるめる、なるべく涼しくするなど、リラックスするようにします。

[予防法]

乗る前に、乗り物酔いを防ぐ薬を飲んでおくと高い効果がえられます。乗車前の服用が理想的ですが、薬によっては、酔った後でも症状を改善するものがあります。
乗っているときに注意するとよいのは、進行方向に体を向ける、読書やゲームを避ける、頭を動かさないように背もたれに固定する、なるべく眼球を動かさないように遠くにある動かないものに視点を固定する、といったことです。
空腹すぎても満腹すぎても酔いやすくなります。ほどよい状態で乗るようにしましょう。揺れの少ない場所を選び、体をしめつけることのないリラックスできる服装にしてください。

[受診に適した診療科]

耳鼻咽喉科、内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。