ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [めまい(メニエール病)]めまい(メニエール病)とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
めまい(メニエール病) めまい(めにえーるびょう)

めまい(メニエール病)とは

[どんな病気?]

「めまい」とは、「グルグル回っているように感じる(回転性めまい)」「フワフワしたところを歩いているように感じる」「頭がグラグラする」といった症状の総称で、その原因はいろいろです。
自分、もしくは周囲が回っているように感じる回転性めまいを起こす代表的な病気に「メニエール病」があります。内耳(ないじ)の膨張によって起こり、耳鳴りや難聴などの耳の症状を伴います。内耳は、バランス感覚を調整する機能を持つため、内耳の異常が「めまい」という症状を引き起こすことがあるのです。

[病気の原因]

メニエール病の原因は、内耳の中の内リンパ液が過剰になり、内耳が腫れた状態になることです。しかし、内リンパ液が過剰になる原因はまだわかっていません。
内耳の異常で起こるめまいには、ほかに、「耳石(じせき)」が半規管(はんきかん)に入り込むことで神経を刺激する「良性発作性頭位(りようせいほっさせいとうい)めまい症」などがあります。
脳梗塞や脳出血、高血圧症などでめまいが起こる場合もあります。自己判断せず、医師の判断をあおぐことが必要です。

[主な症状]

メニエール病では、自分や周囲が回転しているように感じるめまいと、めまい発作と同時または前後して聞こえづらさ、耳鳴り、耳の閉塞感が現れます。1度の発作は30分から数時間に及ぶこともあり、この発作をくり返します。
メニエール病に限らず、めまいの症状には吐き気やおう吐を伴います。
「良性発作性頭位めまい症」は、頭を動かした拍子に発作を起こすことが多く、メニエール病ほど長時間のめまいは続きません。
眼球が小刻みにゆれる「眼振(がんしん)」が見られることもしばしばです。

[検査や治療について]

上記のように、めまいを引き起こす原因は多岐にわたるため、めまいのタイプや原因を正確につきとめる必要があります。そのために、受診するときには、「どのようなめまいなのか」「どのくらいの時間続くのか」「耳鳴りや閉塞感、難聴など耳の症状はあるか」「手足のしびれはあるか」など、自分の症状をある程度まとめておくとよいでしょう。受診する科は、耳鼻咽喉科、脳神経外科、内科、心療内科などです。
問診の後、必要ならば聴力検査を行います。
抗めまい薬や、吐き気を抑える薬を服用する薬物治療が中心です。それでも効果が現れず、日常生活に重大な支障をきたす場合には手術が必要になることもあります。

[予防法]

めまいが起こっているときには、なるべく頭を動かさないように安静に休みます。動くもの(テレビなど)を見ると症状がひどくなることがあるので、なるべく目を閉じているほうがよいでしょう。
発作がないときにも、生活習慣に気をつけてください。
ストレスや睡眠不足などにより、発作が誘因されることがあります。規則正しい生活を心がけ、仕事や家事で無理をしないことが大切です。
めまいは、さまざまな病気の可能性を持つ症状ですから、めまいを感じたら、早めに専門医の診察を受け、早めの治療をはじめましょう。

[受診に適した診療科]

耳鼻咽喉科、脳神経外科、内科、心療内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。