ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [鉄欠乏性貧血]鉄欠乏性貧血とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
鉄欠乏性貧血 てつけつぼうせいひんけつ

鉄欠乏性貧血とは

[どんな病気?]

血液の中で酸素を運ぶ役割を担っているのが赤血球の中のヘモグロビンです。これが不足して体内に酸素が不足してしまうのが貧血で、中でもヘモグロビンを構成する鉄が不足することによって起こる貧血を鉄欠乏性貧血といいます。
貧血にはほかに、痔や胃潰瘍などの病気や怪我(けが)の大量出血によるもの、ビタミンB12不足で起こる悪性貧血、骨髄(こつずい)の造血能力が落ちる再生不良性貧血、赤血球の寿命が短くなる溶血性貧血などがあります。

[病気の原因]

体内に鉄が不足しているのが一番の原因です。その背景には、毎日の食事でじゅうぶんな鉄分を摂取していない、妊娠・出産・授乳期・成長期などで鉄を大量に必要としている、栄養のバランスが崩れているなどの要因があり、体に貯蔵してある鉄が失われ、血液中の鉄が不足するのが一般的です。また月経過多によって鉄を大量に失うことでも、鉄欠乏性貧血は起こります。

[主な症状]

貧血の症状というと、めまいやふらつきなどを思いうかべる方が多いと思いますが、これらは貧血というよりも低血圧によって上半身に血液が不足することが原因であることが一般的です。貧血だけでは目立った症状を見せることはあまりありませんが、理由が思いあたらない倦怠感(だるさ)、疲れやすくなる、肩こり、頭痛、朝起きられない、動悸などが起こることがあります。
また妊娠中の女性は、いつも以上に鉄分を必要とする体になっているので、気をつけなければなりません。妊娠中にひどい貧血を患うと、出産時の出血量が増える、産後の回復が遅れる、母乳の出が悪くなるなどのリスクを伴います。

[検査や治療について]

血液検査で血液中の鉄の量(血清鉄)や貯蔵されている鉄の量を測る指標(血清フェリチン)など、血液中の鉄に関するさまざまな数値を調べ、各項目の基準値に照らし合わせて鉄欠乏性貧血かどうかを診断します。男性や高齢女性の場合は、消化器のがんなどによる出血などで貧血を起こしている可能性もあるので、便潜血(べんせんけつ)の検査や内視鏡検査などを行うこともあります。
治療は薬による治療が一般的です。薬を服用していると、約2ヵ月ほどで血液検査の数値が正常化するのが一般的ですが、体の中に貯蔵してある鉄を補給するためにも、そこからさらに数ヵ月は薬を飲み続けることが必要です。

[予防法]

まず大切なのは、鉄を豊富に含んだ食材を食べることとバランスのよい食事をとることが大切です。とくに妊娠中や生理中は気をつけなければいけません。また、食事での摂取が難しい場合には栄養補助食品(サプリメント)などもありますが、サプリメントで鉄ばかり補給しても、鉄を吸収するために必要なビタミンCや血をつくるために必要な栄養素が不足していては、貧血を免れることはできません。

[受診に適した診療科]

内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。