ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [慢性副鼻腔炎]慢性副鼻腔炎とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
慢性副鼻腔炎 まんせいふくびくうえん

慢性副鼻腔炎とは

[どんな病気?]

「副鼻腔(ふくびくう)」とは、鼻のまわりにある4種類の空洞のことです。この副鼻腔と鼻腔をつなぐ穴はひじょうに小さいため、粘膜が炎症を起こして腫れるとふさがってしまいます。そのため、副鼻腔の分泌物が排泄されずに膿がたまってしまうのが慢性副鼻腔炎です。急性の副鼻腔炎が治らないまま長引くと慢性副鼻腔炎となります。蓄膿症とも呼ばれています。

[病気の原因]

ウイルス感染や細菌感染を起こし、副鼻腔粘膜の炎症になる場合、またアレルギーによる炎症が原因で発病する場合もあります。

[主な症状]

鼻づまりや、膿性の鼻汁と、その鼻汁がのどに落ちて炎症を起こす後鼻漏(こうびろう)などです。それに伴って嗅覚障害、口呼吸の症状も現れます。また、頭痛や頭重感が強い場合もあります。多くの場合、粘膜の腫れが重症化してできた鼻茸(はなたけ)と呼ばれる腫瘤(しゅりゅう)が認められます。

[検査や治療について]

医師が鼻腔を見て、鼻茸があるかどうか、炎症による腫れがどの程度かを見極めます。副鼻腔にたまっている膿の状態を正確に把握するためには、X線検査やCT検査が用いられます。
検査の結果、軽~中度であれば、粘膜の炎症を抑える薬、細菌感染の場合には抗生物質、アレルギーが関与する場合は抗アレルギー剤などが投与されます。また、鼻汁を吸引し副鼻腔を洗浄するなどの治療も行われます。
重度の場合や、薬物治療では改善が見られない場合には、内視鏡を使った手術が行われ、炎症を起こした粘膜を除去し鼻腔と副鼻腔をつなぐ穴を広げます。

[予防法]

多くの場合、急性の副鼻腔炎から慢性副鼻腔炎に進展します。したがって、急性のうちにしっかり治すことが、慢性化の防止となります。強い鼻づまりや、黄色や緑色を帯びた粘度の高い鼻汁が続く場合には、放置せず、専門医の診察を受けましょう。

[受診に適した診療科]

耳鼻咽喉科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。