ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [高血圧(本態性高血圧)]高血圧(本態性高血圧)とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
高血圧(本態性高血圧) こうけつあつ(ほんたいせいこうけつあつ)

高血圧(本態性高血圧)とは

[どんな病気?]

何度かの検査で、収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上あるいは拡張期血圧(最低血圧)が90mmHg以上ある場合を一般的に高血圧と呼びます。本態性高血圧(ほんたいせいこうけつあつ)は、高血圧となっている原因がはっきりとしない状態のことで、高血圧患者さんの大半が当てはまります。
高血圧の状態が続き、血圧が高くなると、さまざまな臓器に悪影響を及ぼすといわれています。

[病気の原因]

本態性ではない高血圧(二次性高血圧)は、内臓疾患などが原因で発症します。一方、本態性高血圧はその原因がはっきりしていません。遺伝的な体質と生活習慣、さらに加齢が複合して、高血圧の状態を生み出しているのだろうと考えられています。生活習慣に関しては、塩分のとりすぎ、アルコールの飲みすぎ、肥満、ストレスなどが、血圧上昇に悪影響を及ぼしているとされています。

[主な症状]

高血圧自体が何かの症状を引き起こすことは通常ありません。健康診断やほかの病気の診断の際に血圧測定を行い、病気に気がつくケースが一般的です。患者さんの中には、軽い頭痛やだるさ(倦怠感)、肩こり、めまいなどを訴える方もいますが、これらの症状と高血圧(本態性高血圧)の関連ははっきりしていません。
ただし長年、高血圧の状態を放置しておくと、心臓の負担が大きくなり、血管が硬くなるなどして、虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)や脳卒中を起こす可能性があるので注意が必要です。

[検査や治療について]

高血圧であることを診断するためには、一度だけでなく、何度か血圧を測り記録していくことが必要です。また血圧は日中常に変化し、ストレスや環境によっても数値が変わります。とくに医師の前に座ると緊張してしまって血圧が上がってしまう「白衣性高血圧(びゃくいせいこうけつあつ)」という状態もありますので、装置を身につけて24時間、あるいは数日間血圧を測定することも必要になる場合があります。また、家庭血圧を測定することも行われます。そこでホルモンの検査なども行い、原因となる内臓の病気がないことがわかると「本態性高血圧」と診断されます。
内臓の病気が原因となる二次性高血圧の場合には、その原因となる病気の治療が中心になります。本態性高血圧では、症状が軽い場合は有酸素運動の指導や食事指導などの日常生活の改善からはじまり、血圧を下げる薬(降圧薬)による薬物療法などが行われます。いずれの場合も目標とする血圧の数値が設定され、一般的には高血圧と診断されない140/90mmHg未満、糖尿病や心臓の病気をもっている人は130/80mmHg未満が目標になります。

[予防法]

高血圧にならないようにするためには、日頃の生活習慣に気をつけることが大切です。塩分を控えめにする、お酒の量を減らす、睡眠時間を増やすなど、自分に合ったよい方法を考えることが必要です。健康診断などで「血圧が高いな」と感じたら、早いうちに医師や薬剤師などに相談してください。

[受診に適した診療科]

内科、循環器科、腎臓内科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。