ここからグローバルナビゲーション

Wellness Finder 症状や気になるキーワードを入力してください。

  1. TOP
  2. 病気や症状の情報
  3. 骨ケアフェスタ
ここからメインコンテンツ
はじめましょう「ロコトレ」
ロコモティブウィンドローム(ロコモ)-運動器症候群とは-

骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えると、くらしの中の自立度が低下し、介護が必要になったり、
寝たきりになる可能性が高くなります。

運動器の障害のために、要介護になっていたり、要介護になる危険の高い状態がロコモティブシンドローム(ロコモ)です。
アニメーションで見る今日から始めるロコトレ
まずは確認!7つのロコチェック
1.片脚立ちで靴下がはけない。
2.階段を上るのに手すりが必要である
3.15分くらい続けて歩けない
4.家のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろし)が困難である

5.家の中でつまずいたり滑ったりする
6.横断歩道を青信号で渡りきれない
7.2kg程度の買い物(1lの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である

1~7のうちひとつでも当てはまれば、ロコモである心配があります。無理に試して、転んだりしないように注意してください。また、腰や関節の痛み、筋力の衰え、ふらつきといった症状が、最近悪化してきている場合などは、まず医師の診察を受けてください。

ロコチェックはロコモーションチェックの略です。 運動器や介護予防に関する研究の進歩にあわせ、今後、項目が変更されることがあります。

運動器とは、身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経などの総称です。運動器はそれぞれが連携して働いており、どのひとつが悪くても身 体はうまく動きません。また、複数の運動器が同時に障害を受けることもあります。運動器を全体としてとらえる、それがロコモの考え方です。
出典:ロコモパンフレット 2010年度版(企画・制作:社団法人 日本整形外科学会)
アニメーションで見る今日から始めるロコトレ