ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報
  3. 骨ケアサミット
  4. 骨ケアサミット開催情報
  5. 骨ケアサミット 滋賀
  6. 記事1
ここからメインコンテンツ
  • 骨ケアサミットTOP
  • 骨ケアサミットとは
  • 骨ケアサミット開催情報
  • 新着情報一覧

骨ケアサミット in 滋賀 テーマ:「ロコモと骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」

わが国では、各国に例をみない高齢化社会が進んでいます。行政では、国民の健康増進を図るための「健康日本21」などの政策が示されており、医療の世界でも新しい概念が次々と生まれています。その変化に今後どのような対応をしていけばよいか、本日お集まりいただいた専門の先生方に、運動器疾患の予防から治療において広くご意見を伺いました。

運動器のしくみとロコモについて

図1 ロコモティブシンドローム
出典:「ロコモティブシンドローム診療ガイド2010」文光堂刊

拡大して見る

今井先生新しく出てきた概念で、ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)という言葉があります。これはどのような概念か解説をお願いします。

田縁先生まず「運動器」という言葉について説明します。なかなか聞き慣れない言葉かと思いますが、我々の体の骨、関節、筋肉など体を動かすようなしくみの中心となる臓器を総称して運動器と呼びます。その運動器を構成するものは、骨と関節軟骨、椎間板、筋肉などで、それらの働きが衰えると、暮らしの自立度が低下し、介護が必要となり、寝たきりになる可能性が高くなるわけですけれども、その状態をロコモとよびます。ちなみに、わが国でのロコモ患者数は、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)と変形性膝関節症、変形性脊椎症の3大疾病いずれかを患っているものが該当するのですが、約4,700万人にものぼります。

今井先生では、運動器の疾患が進んでいくとどのようなことが起こりますか。

田縁先生骨粗鬆症は、骨が弱くなる病気ですので、これが原因で骨折をしやすくなり、関節軟骨が傷むと変形性膝関節症になり、背骨の椎間板が傷むと変形性脊椎症になり、筋肉が弱ってくると加齢性の筋肉減少症(サルコペニア)になります。それらを治療せずに放っておくと、どれも歩行障害をきたし、要支援や要介護へと悪化していきます(図1)。

由良先生要介護や寝たきりの状態についてですが、その直接の原因は、変形性膝関節症や変形性脊椎症の他に脳血管障害もあります。

骨粗鬆症に対する認知度の低さ

今井先生
ロコモの原因となる骨粗鬆症について、どのような疾患なのかご説明いただけますか。

図2 身長が低下している骨粗鬆症患者では骨折発生リスクが高い

拡大して見る

田縁先生骨粗鬆症は字のごとく、骨に「鬆(す)」が入ったような状態を指します。正常な骨はしっかり詰まった状態で丈夫ですが、年齢とともに大根に鬆が入るように骨の間に隙間ができてもろくなります。その状態の病気を骨粗鬆症とよびます。

今井先生骨粗鬆症になると骨折を起こしやすいということでしたが、どのような骨折が起こるのでしょうか。

田縁先生そうです、骨折といってもいろいろあり、骨粗鬆症の初期は、背骨の骨が折れる脊椎圧迫骨折が起こりやすいです。それは、背中が曲がったり背が低くなったりする兆候がありますが、痛みを伴わないため、気付きにくいのが特徴です。指標として、自分の身長で一番高かった時から2~4cmくらいの低下があると、背骨が折れて変形している可能性が高いといわれています(図2)。特に4cm以上あるとその可能性はさらに増えます。他に骨折しやすい場所として、腕のつけ根(上腕骨)や手首や脚のつけ根(大腿骨)があります。

今井先生
痛みやきっかけがなくても身長が低くなっていくと、知らないうちに背骨が折れていることがあるということですね。
田縁先生
そうですね、後で話があると思いますが、1つ骨折をすると次の骨折が起きやすくなるので、知らないうちに骨折を起こしているという事実に早く気付くことが大事なポイントです。
今井先生
では、骨粗鬆症患者は、今どのくらいいるんでしょうか。
齋藤先生
日本では骨粗鬆症の患者さんが非常に多く、約1,280万人といわれています。そのうち治療を受けている患者さんはわずか200万人なので、約20%弱の人しか治療を受けていないことになります。また、患者さんには女性が多く、特に60歳以上になると約30%の人が骨粗鬆症になり、70歳以上は半数の方が該当します。先ほど田縁先生の話にもありましたが、一度骨折をすると次に骨折する確率は上がり、2回目の人は次に3回目と、どんどん確率が上がっていきます。
今井先生
患者さんの数に対して治療を受けている患者さんの数が極端に少ないですね。何か理由は考えられるのでしょうか。
齋藤先生
恐らく、まだ骨粗鬆症に対するみなさんの意識が低いのと、症状が出る前に実は骨粗鬆症が進行して、なかなか治療を受けられない方が増えているのが原因かと思います。
  • 記事1
  • 記事2
  • 記事3
  • 参加医師紹介