ここからグローバルナビゲーション

Wellness Finder 症状や気になるキーワードを入力してください。

  1. TOP
  2. 病気や症状の情報
  3. 骨ケアサミット
  4. 骨ケアサミット開催情報
  5. 骨ケアサミット 仙台
  6. 記事1
ここからメインコンテンツ
  • 骨ケアサミットTOP
  • 骨ケアサミットとは
  • 骨ケアサミット開催情報
  • 新着情報一覧

骨ケアサミット in 山形県 置賜 テーマ:「ロコモと骨粗鬆症」

運動器症候群「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」とは、骨や関節、筋肉などの運動器の障害によって暮らしの自立度が低下し、介護が必要な状態、また介護が必要になる可能性が高い状態のことを言います。ロコモを引き起こす骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になると、ADL(日常生活動作)が下がる他、生存率にも悪影響を及ぼすことが指摘されています。そこで今回は、山形県置賜で多くの骨粗鬆症患者さんを診察されている先生方にお集まりいただき、わが国の骨粗鬆症の現状や骨粗鬆症治療のポイントについて伺いました。

寝たきりに至ることもある運動器の機能不全

図1 健康日本21

拡大して見る

林先生わが国では、少子高齢化や疾病構造の変化を踏まえ、すこやかで心豊かに生活できるよう、健康の増進を推進するための基本的な方針として「健康日本21」を掲げています。このうち高齢者の健康という項目においては、ロコモの認知度が平成24年の17.3%から、同34年には80%にすることを目標としています(図1)。本日は山形県南部の置賜地区で運動器の疾患を日々診察している先生方をお招きし、ロコモと骨粗鬆症についてご討議頂きます。では、実際に運動器の仕組みとロコモについて、齋藤先生からご解説をお願いします。

齋藤先生運動器は骨や筋肉、じん帯などを動かす器官の総称で人の体を支えるのに欠かせません。この運動器が加齢に伴って弱り、機能不全に及ぶことで暮らしの中の自立度が低下し、要介護や寝たきりになる危険性が高まった状態をロコモと言います。和文では運動器症候群と言います。要介護状態や寝たきりにならないようにロコモの悪化を防いでいくことが重要です。ロコモかどうかは、片脚立ちで靴下がはけない、家の中でつまずいたり滑ったりする、階段を上るのに手すりが必要である、横断歩道を青信号で渡りきれない、15分くらい続けて歩けない、2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である、家のやや重い仕事が困難である―の7 つのロコモーションチェック(ロコチェック)で確認でき、このうち1つでも当てはまるとロコモの可能性があります。

林先生
実際に診察しているとロコモの患者さんは多い印象ですが、わが国の状況はいかがでしょうか。
鈴木先生
平成21年の調査では、変形性腰椎症が3,790万人、変形性膝関節症が2,530万人、腰付近の背骨(腰椎:ようつい)の骨粗鬆症が640万人、太ももの付け根にあたる大腿骨頸部(だいたいこつけいぶ)の骨粗鬆症が1,070万人、これらの疾患のうち1つ以上持っている人は4,700万人でした。こうした背景が寝たきりを引き起こす要因のひとつになるのですが、メタボリックシンドロームなどのように広く認知されているとは言えないのが現状です。
林先生
介護が必要となった主な原因として、脳血管疾患や認知症に次いで、骨折と転倒が挙げられています。こうした事実は日々の診療で実感されていますか。
松木先生
高齢化が進行し、転倒による外傷や骨折をきっかけにADLが下がり、自宅で生活できていた人が骨折後に自宅で生活できなくなるなど、以前の生活レベルに戻れない方が増えてきています。林先生が挙げられた骨折と転倒の他にも、関節疾患や脊髄損傷という整形外科で診察する運動器に関する疾患等も介護が必要になった原因として挙げられており、近年増加する傾向が見られますので、しっかり対応していく必要があります。
  • 記事1
  • 記事2
  • 記事3
  • 参加医師紹介