ここからグローバルナビゲーション

Wellness Finder 症状や気になるキーワードを入力してください。

  1. TOP
  2. 病気や症状の情報
  3. 骨ケアサミット
  4. 骨ケアサミット開催情報
  5. 骨ケアサミット 仙台
  6. 記事1
ここからメインコンテンツ
  • 骨ケアサミットTOP
  • 骨ケアサミットとは
  • 骨ケアサミット開催情報
  • 新着情報一覧

骨ケアサミット in 室蘭 テーマ:「骨粗鬆症患者における腰痛とロコモティブシンドローム」

 運動器症候群「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」は、骨や筋肉、関節などの運動器の障害により、要介護になるかその危険性が高まった状態を指します。その原因はさまざまであり、腰痛などの一般的な症状であっても、疾患によってはロコモに至る危険性があります。そこで今回は、室蘭市やその近郊で運動器疾患の診療経験が豊富な先生方をお招きし、ロコモの原因になる疾患の特徴などについて話し合っていただきました。

ロコモの原因になる可能性も……軽視できない腰痛と坐骨神経痛

図1 腰部脊柱管狭窄症の特徴

拡大して見る

小谷先生日本では近年、高齢化に伴う要介護者の増加が社会問題になっています。身体運動にかかわる運動器の障害によって介護が必要になる患者さんは多く、関節疾患、骨折、転倒は脳卒中などに続き、要介護の原因の第3位を占めることが明らかにされています。
 運動器とは骨や筋肉、関節、神経などの総称であり、それぞれが連携して働いているため、どこか1つが障害を受けただけでも身体は上手く動かなくなります。最近使われ始めたロコモという言葉は、運動器の障害によって要介護になるかその危険性が高まった状態のことを指しており、日本ではロコモ人口が約4,700万人に達するという推計もあります。
 ロコモの主な原因としては、骨粗鬆症や変形性関節症(膝、股関節)、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎(ようつい)すべり症といった病的な要素の他、バランス能力低下、筋力低下など高齢者特有の機能不全などが挙げられます。これらは単独でも問題になりますが、複数の障害を合併することでロコモが加速度的に進行してしまう患者さんは少なくありません。
 このような背景から、本日はロコモの原因になるいくつかの疾患について、先生方のお話を伺っていきたいと思います。平成19年の厚生労働省調査によると、病気やけが等で感じる自覚症状のうち、腰痛は男性で第1位、女性で肩こりに続く第2位と、多くの国民がいわゆる“腰痛持ち”であることが明らかになっています。腰痛の原因はさまざまですが、その中でロコモが懸念される疾患にはどのようなものがありますか。

小澤先生
腰痛の原因になる疾患の中でも,腰の骨が変形する変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)はロコモになる危険性が高いとされています。変形性腰椎症の方では、背骨の神経の通り道が狭くなる腰部脊柱管狭窄症を合併することが多く、下肢に痛みやしびれが生じる坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)によって歩行に支障が出てきます。歩行が不自由になると筋力も低下していきますので、ロコモのさらなる進行が懸念されます。
小谷先生
腰部脊柱管狭窄症は60~80歳代で多く発症し、下肢の痛み、しびれに加えて間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる歩行障害が起こることが特徴です(図1)。間欠性跛行とは、少し歩くと下肢の痛み、しびれが出て思うように歩けなくなるのですが、しばらく休むと再び歩ける状態になる症状のことを指します。間欠性跛行が進行し、歩ける時間が短くなった患者さんは家に閉じこもりがちな生活を送るようになり、うつ状態に至ってしまうことも少なくありません。このような患者さんでは早期に外科手術を行い、狭くなった脊柱管を広げるなどの対策を取ることが望ましい場合もありますが、間欠性跛行は歩かなければ症状が出ないため、手術まで踏み切れないという方もおられます。そこで私は、買い物に行けず宅配を頼むような段階まで来たら、勇気を出して外科手術を受けた方が良いとお伝えするようにしています。
石川先生
外科手術は敷居が高いイメージですが、最近では内視鏡を使った手術など、患者さんの身体への負担は少なくなりつつあります。「このままではどうにもならない」という段階まで外科手術を待ちたいという考え方もありますが、ロコモを予防して元気に老後を過ごすためには、早い段階で適切な治療を行うことも重要だと思われます。

原因不明な腰痛は多く、神経が過敏になり痛みが増幅することも

小谷先生
その他の腰痛の原因のうち、日々の診療から感じられている特徴はありますか。

清水先生腰痛の原因には地域性が関係していると思います。室蘭の周辺は農村、漁村が多く、若いころから仕事などで腰に負担をかけ続けたため、中高年以降に腰痛に悩むようになった方は少なくありません。その一方、最近では運動不足のまま高齢になり、メタボリックシンドローム(以下メタボ)を合併した肥満の腰痛患者さんが増えてきている印象です。このように腰痛の原因は非常に幅広いですし、中には原因が特定できない患者さんもおられます。

小谷先生原因を特定できない腰痛患者さんは約85%に達するという海外の調査もありますので、私たち医師はできる限り腰痛の原因を見つけ出し、それに応じた薬物療法や運動療法など、適切な治療(図2)を実施していくことが求められていると思います。なお、腰痛はその原因以外に、神経が過敏になって起こる神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)が痛みを増強させている可能性もありますが、最近では薬物療法による治療も行われるようになりました(図3)。

図2 腰痛の主な治療法

拡大して見る

図3 腰痛の薬物療法

拡大して見る
  • 記事1
  • 記事2
  • 記事3
  • 参加医師紹介