ここからグローバルナビゲーション

Wellness Finder 症状や気になるキーワードを入力してください。

  1. TOP
  2. 病気や症状の情報
  3. 骨ケアサミット
  4. 骨ケアサミット開催情報
  5. 骨ケアサミット 下関
  6. 記事1
ここからメインコンテンツ
  • 骨ケアサミットTOP
  • 骨ケアサミットとは
  • 骨ケアサミット開催情報
  • 新着情報一覧

骨ケアサミット in 下関 テーマ:「関節リウマチにおける骨ケア」

関節リウマチは、免疫の異常によって関節が炎症を起こす病気ですが、多くの患者さんは骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を合併しており、骨折を起こす危険にさらされていることが分かっています。そこで今回は、下関地域で関節リウマチや骨粗鬆症の診療経験が豊富な先生方にお集まりいただき、これらの病気の注意点や治療法に関するお話を伺いました。

関節リウマチ患者さんの約半数が骨粗鬆症を合併

時任先生関節リウマチは、免疫の異常によって滑膜(かつまく)が炎症を起こし、関節が壊れていく病気です。40~50代で発症する患者さんが多く、発症後1~2年で急速に関節が破壊されるため、可能な限り早い段階から薬物療法などの適切な治療を行うことが大切になります。
 薬物療法の目的は、関節のはれや痛みなどの症状を抑えること、関節の破壊や変形を抑えることの2つに大きく分けられ、非ステロイド系消炎鎮痛薬、ステロイド薬、抗リウマチ薬や生物学的製剤といった治療薬が使われます。それでも痛みがとれなかったり、関節の破壊により日常生活に支障がある場合は、手術により滑膜の切除、人工関節への置き換え、関節の固定などが行われます。これらと並行してリハビリテーションや各種ケアが行われますが、現在では合併症に対するケアが非常に重要だと言われています。
 そこで今回は、関節リウマチ患者さんの合併症ケアのうち、骨に対するケアを中心に先生方のお話を伺っていきたいと思います。骨粗鬆症は、関節リウマチの合併症のうち最も多い病気といわれていますが、どの程度の患者さんが罹患されているのですか。

図1 関節リウマチ患者さんに多く見られる合併症

拡大して見る

川田先生「2010年リウマチ白書」によると、関節リウマチ患者さんの45.1%が骨粗鬆症を合併しているとされています(図1)。その原因の1つには、関節リウマチによる慢性的な炎症が骨に悪影響を及ぼしていることが挙げられます。骨という組織は、古い骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)と、新しい骨を作り出す骨芽細胞(こつがさいぼう)という2つの細胞がバランスよくはたらくことで正常な状態が保たれていますが、関節リウマチによる慢性的な炎症は破骨細胞を活性化させ、骨を必要以上に壊してしまうため骨粗鬆症になりやすくなるといわれています。さらに、関節の炎症を抑えるために使用されるステロイド薬も骨粗鬆症発症の引き金になることが知られています。

日本では太ももの骨折の発生率が上昇

時任先生
次に、骨粗鬆症という病気についてご解説いただきたいと思います。
二武先生
骨粗鬆症とは骨が弱くなり骨折しやすくなる病気です。骨の強さを決定付ける要素は骨密度と骨の質の2つで、骨密度の影響は7割、骨の質は3割といわれています。骨密度が低くなる原因は年齢やホルモン、合併する病気の影響などが挙げられ、関節リウマチの場合は破骨細胞の活性化による骨密度の低下が、炎症を起こしている関節の周囲にある骨だけでなく全身にも起こります。
時任先生
関節リウマチの罹患やステロイド薬の使用の他、検査で「骨の量が少ない」と指摘された、家族に骨粗鬆症患者さんがいる、運動不足、やせすぎ、喫煙、骨折歴、カルシウム摂取量が少ない、毎日の飲酒なども骨粗鬆症の発症リスクが高いといわれており、注意が必要です。骨粗鬆症になると骨折しやすくなる部位はありますか。
長井先生
骨粗鬆症患者さんが転倒したときには、太ももの付け根や手首、腕の付け根を骨折することが多いです。また、自然に背骨が押し潰されるように骨折してしまう患者さんが少なくありませんので、転倒などの負傷がなくても骨折するリスクがあることを知っていただきたいと思います。
時任先生
関節リウマチを罹患している人、ステロイドを使用している人では、太ももの付け根を骨折する危険性が健康な人に比べ、それぞれ1.73倍、2.25倍高いという海外の調査もあります。また、太ももの付け根の骨折発生率は諸外国で減少している一方、日本ではむしろ増えていることが分かっています。これには日本の高齢化も影響していると思われますが、やはり注意すべきデータといえるでしょう。
二武先生
日本と欧米とではライフスタイルが違うことも影響しているかもしれません。日本は畳の文化なので、ベッド中心の生活をしている欧米よりも転倒しやすいという環境が骨折の危険を高めている可能性もあると思います。
  • 記事1
  • 記事2
  • 記事3
  • 参加医師紹介